院長の日記

雪やこんこん腰はぎっくり

https://i0.wp.com/oyanagiallergyclinic.com/wp-content/uploads/2021/10/ym196966341910114216315.png?fit=256%2C256&ssl=1
Dr.小柳

みなさん、こんにちは。
今年はじわじわと積もって例年以上の大雪になりましたね〜。

まだ腰が痛い

1週間以上前に「ぎっくり腰」になってしまったわけですが、まだ痛みがあります。

とは言え、だいぶ痛みは軽くなり、一番痛い時の1割くらいになりました。まだ油断はできませんが。

大雪で大変

自宅の車庫から車を出すときに、幅4.5mの歩道を横切る必要があります。車がすれ違えるほどの幅があるんです!

数年前に、一晩で1m以上降った大雪の年に、自力での雪かきが不可能で車を出せない事態が発生したことがあります。その年に泣く泣く小型除雪機を購入しました。(一番小さいやつ)
それ以降は雪かきがだいぶ楽になりました。

今日も夜間に降り積もった雪を小型除雪機で雪かきをしたのですが、「ぎっくり腰」のおっさん的にはヤバいです。
小型除雪機は方向転換する際に結構な力が必要なので、腰に響きます。

なんとか「ぎっくり」をぶり返さないように注意したいと思います。

大雪のせいでクリニック駐車場の工事が始められない

そろそろクリニックの駐車場の舗装工事を始めたいのですが、連日の大雪で工事が始められないみたいです。

舗装されていない土の上に、大きな雪の山が出来上がっており、除雪するにも人力じゃ無理そうです。雪を捨てる場所もないし。

  • 雪が溶けるまで外構工事を延期する
  • お金を払って除雪

二択なのですが、雪が溶けるまで待つと4月近くなってしまいそうですね・・・
クリニック開院日の延期だけは避けなければいけないので、どうにか除雪して工事開始の方向で進めます。

文責; 小柳貴人(医学博士・アレルギー専門医 ・小児科専門医)

クリックで『いいね!』 (9 いいね!)

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。