その他

『オンライン資格確認』義務化

https://i0.wp.com/oyanagiallergyclinic.com/wp-content/uploads/2021/10/ym196966341910114216315.png?fit=256%2C256&ssl=1
Dr.小柳

みなさんこんにちは。ついに ”あれ” が 義務化 されます。

オンライン資格確認

オンライン資格確認とは

オンライン資格確認とは、マイナンバーカードまたは保険証の記号番号を使って、医療機関や薬局の窓口からインターネット回線を通じて『患者さんの直近の資格情報等』が確認できるシステムのことです。

患者さんのメリット

  • マイナンバーカードを保険証代わりに利用できる
  • 薬剤や特定健診情報などを医療機関に間違いなく伝えることができる
  • 災害時などでもスムーズに診療を受けやすくなる
  • 医療機関や薬局での受付時間の短縮

患者さんのデメリット

  • オンライン資格確認機械の使い方に戸惑う可能性
  • 薬剤や特定健診情報がオンライン上で管理される→個人情報流出のリスクがあるかもしれない

医療機関のメリット

  • 資格過誤によるレセプト返礼が減る
  • 保険証情報入力の手間が減る
  • 患者さんの薬剤情報や特定健診情報が一括して確認できる
  • 災害時などには厚生労働省が定めた範囲内で本人の同意がなくても薬剤や特定健診情報を確認でき、お薬手帳などがなくてもスムーズな診療を提供できる

医療機関のデメリット

  • システム導入に一定の費用がかかる
  • 導入するまでに手間がかかる
  • 機器になれない患者さんのサポートが必要な場合がある
  • 狭い受付だと機器を置く場所に困る

2023年4月より『オンライン資格確認』義務化!

以前のブログ記事でも触れましたが、当クリニックの開業時に導入しようと試みましたが、”謎のたらい回し” のため、導入を断念しました。

今回、厚生労働省の主導で ”義務化” が決定しました。
上記のようなメリット・デメリットがあり、賛否さまざまな意見がありますが、”義務化” です。
ほとんどの医療機関で導入される見込みです。

オンライン資格確認の導入に関して、開業時に一度ずっこけているため、後回しにしていました。
今回は ”義務化” ですので、来春に向けてシステム導入を急ぎたいと思います。

https://i0.wp.com/oyanagiallergyclinic.com/wp-content/uploads/2021/10/ym196966341910114216315.png?fit=256%2C256&ssl=1
Dr.小柳

個人の意志に関係なく、個人情報がオンラインで管理される時代になってきました。国は責任を持って堅固なセキュリティで個人情報流出を完全に阻止していただきたいです。

文責; 小柳貴人(医学博士・アレルギー専門医 ・小児科専門医)

クリックで『いいね!』 (6 いいね!)

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。